<ジェル>クレンジングのメリットデメリットとおすすめな人の特徴を解説

ジェルクレンジングのメリットは、ジェルがクッションとなるため肌への刺激を抑えながらメイクを落とせることです。

肌馴染みの良いテクスチャーでマッサージをしているような心地良さがあります。

濡れた手で使えるジェルクレンジングも多いため、お風呂でメイク落としをすることも可能です。

デメリットはオイルやバームなどと比べると、洗浄力の弱い成分が使われておりメイク残りが見られます。

ジェルクレンジングは敏感肌の人におすすめです。

普段はナチュラルメイクをするのであれば、強い成分力は必要ありません。

肌に過剰な負担をかけずにメイクを落とせるでしょう。

オイルフリーの水性クレンジングジェルは、まつエクをしている人も使えます。

関連記事

  1. <拭き取り>クレンジングのメリットデメリットとおすすめな人の特徴を解説

  2. クレンジング方法を見直そう!美肌に繋がるやり方3つのコツとは

  3. お風呂パックで極楽スキンケア!肌への浸透を高める3つのアイデア

  4. パックでのスキンケア頻度は?美肌のために知っておきたいキホンのキ

  5. ニベアだけのスキンケアは危ない?意外と知られていない3つのデメリット

  6. 【スキンケア】拭き取りは効果的?汚れの落ち具合を水洗顔と比較してみた

  7. 《クレンジング》肌荒れでも使える!刺激が少ない成分のアイテムを紹介

  8. 夏のスキンケア|季節の特徴とオススメのやり方を解説します

  9. <シート>クレンジングのメリットデメリットとおすすめな人の特徴を解説

NEW

CALENDER

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

RECOMMEND

PAGE TOP