スキンケアにやり過ぎは禁物?肌に起こる変化を調べてみた

スキンケアに限らず「やり過ぎ」は止めた方が良いという意見が多数派です。

例えば、肌に水分が足りないと感じて毎日ローションパックをしたり化粧水やクリームをたくさん塗ると肌は過剰な水分や油分を飛ばそうとふやけた状態になって肌荒れの原因になることもあります。

あぶらとりで皮脂の取りすぎや、毛穴パックの使い過ぎも同じです。

何事にもいい塩梅があると思いましょう。

スキンケアは、優しく肌の状態をよく観察しながら行います。

洗顔のゴシゴシ洗いもNG。

洗顔もやり過ぎると肌のバリア機能が衰えてしまいます。

化粧水のバシャバシャ叩きもNGです。

やり過ぎると刺激で赤くなるだけです。

優しくプッシュする感じが丁度いいです。

クリームや乳液も一気に大量塗りはやり過ぎです。

少量づつ顔に手のひらを当てる感じでつけましょう。

違いは翌朝、一目瞭然ですよ。

関連記事

  1. 【乳液】スキンケアの役割、知ってる?今さら聞けない美の常識

  2. <ヘパリン>話題のスキンケア成分の効果と人気の商品BEST3

  3. 神戸編|プロのメイクで大変身!駅チカのメイクサロンおすすめ3店

  4. <ビタミンC>話題のスキンケア成分の効果と人気の商品BEST3

  5. 東京編|プロのメイクで大変身!駅チカのメイクサロンおすすめ3店

  6. <シカ>話題のスキンケア成分の効果と人気の商品BEST3

  7. 【ストック編】スキンケア用品がすっきり片付く収納アイデア3選

  8. 保湿スキンケアはコットンが吉!ダメージレスな正しい使い方を教えます

  9. スキンケアの使用期限が過ぎるとどうなる?使用しない方がいい理由も解説

NEW

CALENDER

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

RECOMMEND

PAGE TOP