【化粧水】スキンケアの役割、知ってる?今さら聞けない美の常識

化粧水はスキンケアの最も基本的なアイテムで、肌に水分を補う役割を持っています。

およそ80%が水で、メーカーごとに美容成分を配合します。

有名なのはグリセリンやヒアルロン酸です。

グリセリンは保湿力が高い成分で、肌がしっとりなめらかになります。

ヒアルロン酸は水分を保持する効果が高く、乾燥肌を予防します。

化粧水をつけるのは洗顔の直後で、肌は油分や保湿成分が流され毛穴も開いています。

化粧水をつけなければ、肌は乾燥し続け様々なトラブルを引き起こします。

乾燥した肌では乳液や美容液の浸透率も悪いです。

そのため化粧水はその後のスキンケアアイテムの浸透を促す役割もあり、美肌の土台作りに欠かせないアイテムといえます。

関連記事

  1. <ビタミンC>話題のスキンケア成分の効果と人気の商品BEST3

  2. <ペプチド>話題のスキンケア成分の効果と人気の商品BEST3

  3. 【ストック編】スキンケア用品がすっきり片付く収納アイデア3選

  4. 京都編|プロのメイクで大変身!駅チカのメイクサロンおすすめ3店

  5. <レチノール>話題のスキンケア成分の効果と人気の商品BEST3

  6. スキンケアの使用期限が過ぎるとどうなる?使用しない方がいい理由も解説

  7. 神戸編|プロのメイクで大変身!駅チカのメイクサロンおすすめ3店

  8. <シミ>肌トラブルを解決する成分は?効果を最大にする使い方も解説

  9. <乾燥>肌トラブルを解決する成分は?効果を最大にする使い方も解説

NEW

CALENDER

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

RECOMMEND

PAGE TOP